その他

【育児】あなたが子どもにキレる理由【原因はシンプルです】

子育て中のパパさんママさん、お疲れ様です!

子育ては楽しい瞬間もたくさんありますけど、大変ですよね。

特に世間的には、女性が子育ての中心となっている家庭が多いと思います。

子どもと一緒にいる時間が長いと、そのぶん身体的にも精神的にも疲れ切ってきますよね。

そんな疲れ切った状態で子育てをしていると

怒りたくもないのに子どもにキレてしまったり…

なんてこともあるかと思います。

この記事では、子どもにキレてしまうその原因はなんなのか

その解決法はどういったものがあるのかについて紹介していきます。

キレる自分を変えたい方は、ご覧ください。

スポンサーリンク

【育児】あなたが子どもにキレる理由

あなたが子どもにキレてしまう理由はわりとシンプルかもしれません。

自分の都合を子どもに押し付けてる

のではないでしょうか。

ここでは、例を挙げてパターン別に考えていきたいと思います。

  • 時間に追われている
  • 親としての正義感

時間に追われている

たとえば、朝ごはんです。

仕事に行く前に、子どもを幼稚園や保育園に送っていかなければならない。

仕事に遅刻するわけにはいかないので、子どもには早く朝ごはんを食べきってもらいたい。

でも食べるのが遅かったり、遊んでいたり、違うものに興味をひかれて

なかなかごはんが進みません。

こんなときにプチっとキレてしまったりしていませんか?

「早く食べなさい!!」

「あそんでちゃダメ!!」

「なにやってるの!!」

こういった言葉がついつい出てしまうかもしれないです。

しかし、この言葉にはあまり効果はありません。

効果が無いから子どもは、遊ぶのをやめなかったりします。

そして、皆さんの怒りゲージがさらにたまってしまう。

挙句、怒鳴ってしまったり手が出てしまうこともあるかもしれません。

そんな自分を変えたいですよね。

解決法その1.時間に余裕を持つ

余裕

難しいかもしれませんが、時間に余裕を持つことが大切です。

朝の時間がギリギリだから焦ってしまい、それがイライラに変わるのです。

子どもの立場で考えてみてください。

  • 朝は、親の都合の時間に起こされる
  • 寝起きでお腹空いてないかもしれない
  • 時間がないからと無理矢理ごはんを食べさせられる
  • 食欲ないからゆっくり食べてたら怒られる

こう考えたら、少しかわいそうに思えてきませんか?

自分がされてもつらいですよね。

必ずしもそうとは限らないですけど

このように思っておけば優しく接することができるかもしれないですね。

また、子どもがご飯を食べるのにかかる時間を把握しておくことも大切です。

調子よく食べているときは何分かかるのか

ペースが遅いときは何分かかるのか

そうすれば、焦ることも少なくなるのでないでしょうか。

朝は10分でも早起きして、心に余裕をもって子どもに接する努力をしてみてはいかがでしょうか?

解決法その2.子どもを褒めちぎる!

褒める

調子よくご飯を食べてくれているときは

しっかり褒めてあげましょう!!

人は誰しもが、認めてもらいたい気持ちがあり

共感してもらいたい生き物なのです。

それは小さい子どもも一緒です。

子どもがちゃんとご飯を食べていることを褒める!

「ちゃんとご飯食べてえらいね!すごいね!よく食べたね!」

これだけでいいんです。

当たり前にできていることを褒めてあげましょう。

すると、子どもはこう思うかもしれません。

  • 言われたことをしただけなのに喜んでくれた
  • ご飯をたべると褒めてもらえる
  • 親が喜んでくれるとうれしい
  • 次も頑張ろう

褒めるを継続することで、子どもは次第に朝ごはんをちゃんと食べるようになります。

なぜなら、あなたに褒めてもらいたいから。

褒めることによって、自分も良い気持ちになります。

子どもも良い気持ちになります。

忙しい時こそ、相手の立場に立って「褒める」を実践してみてはいかかでしょうか。

親としての正義感

先ほどのごはんもそうです。

ちゃんと食べさせないと親としてダメだ

と思ってしまい、無理矢理にでも食べさせようとしてしまったり。

たとえば、夜の寝かし付けでも

子どもは素直に寝てくれないこともありますよね。

まだ、遊びたがったりするわけです。

そんな時に、

周りの子はこの時間にもう寝ているんだから

と寝かし付けでもイライラしたり。

買い物中に子どもがお菓子コーナーやガシャポンコーナーでぐずることもありますよね。

そんな時に、周りに迷惑がかかると思ってイライラしたり。

良い親であろうとする気持ちが強いほど

子どもに求めるハードルが高くなってしまうのかもしれません。

解決法

子どもの特性を理解し、自分の「良い親ハードル」を下げましょう。

私たち大人だって、ご飯を食べたくない時もあります。

私たち大人だって、夜更かしするときもあります。

私たち大人だって、他人に迷惑をかけることもあります。

ご飯が食べたくないなら、子どもに寄り添って食べられる時間まで待つのも良いでしょう。

一緒に食べる時間をちゃんと作り、食べることが楽しいことと思わせるのも良いでしょう。

なかなか寝ようとしてくれない子どもには、布団に入ることが楽しくなる工夫をしてみましょう。

また、同じタイミングで一緒に寝てあげるのも良いかもしれませんね。

外出先で子どもがぐずっても、それを迷惑だと思う大人はごく一部です。

「子どもだから仕方ないよね」

「ママさん大変だね、頑張っているね」

って思ってくれているほうが多いはず。

ぐずっている我が子を全く無視はできませんが

きっとあなたが思っているほど周りは迷惑と感じていないと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

怒るのはエネルギーが要ります。

少しでもイライラが抑えられれば、あなたの負担はグッと減っていくでしょう。

イライラしないコツは、自分の都合を子どもに押し付けないこと。

子どものペースを知ること。

しつけのつもりで注意してたはずが、いつの間にか怒りをまき散らしてた

なんてことにならないように

これからの子育てに役立てて頂ければと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通して頂けると嬉しいです^^

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です