マイホーム

【駅近と郊外】土地選びに後悔しないためのポイント【必見】

土地選びのおすすめポイント

家を注文住宅で建てるなら、まずは土地選びですよね。

一生住むことになる土地選びなので失敗したくありません。

住む土地で、その後の人生が決まると言っても過言ではないですからね。

最初に考えるのは、値段は高いけど利便性の高い駅近の土地にするか、安くて広い土地が多い郊外の土地にするか。

今回は、私が土地を選ぶときに気を付けたポイントを交えつつ駅近の土地と郊外の土地、それぞれのメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

これからの土地選びの参考にしていただければと思います。

目次

スポンサーリンク

駅近のメリット・デメリット

駅近のメリット・デメリット

駅近のメリット

  • すぐに家を建てられる
  • 通勤・通学に便利
  • 周辺施設が栄えている
  • 友だちが呼びやすい
  • インフラ整備されている
  • 夜でも明るい

すぐに家を建てられる

駅近の土地では市街化区域に該当します。

市街化区域とは、既に市街地を形成している区域と、10年以内に優先的かつ計画的に市街化を進める地域のことを指します。

そのため、自身の計画に合わせてすぐに家を建て始めることができます。

通勤・通学に便利

やはり駅近の最大の魅力は、

駅が近いこと

そのまんまですね。

駅が近いんだから、電車をフル活用できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

お子さんの進学先の候補もグンと広がることでしょう。

周辺施設が栄えている

コンビニやスーパーを始め、生活に必要な商業施設がところ狭しと建ち並んでいます。

徒歩圏内にそういった施設が多くあるため、生活の中心は徒歩となり健康にもいいかもしれませんね。

友だちが呼びやすい

他県からの友だちなどを招く場合、電車で来てもらうことができるので遊びにきやすいです。

駅から遠いと車で迎えに行ったり、来客用の駐車場を用意しておかないといけませんからね。

インフラ整備されている

市街化区域のメリットとして、インフラ整備がちゃんとされているところが挙げられます。

家の目の前の生活道路が補修されているだけでも、家の見栄えごと良くなりますよね。

夜でも明るい

夜でも明るいため、変質者なんかは出にくいです。

お子さんの学校や塾、バイトからの帰り道を考えると明るさは安心につながりますね。

駅近のデメリット

  • 土地を始めとした費用が高い
  • 土地が狭い
  • セールスが多い
  • 排気ガスや騒音に悩まされることも
  • 住宅が密集している

土地を始めとした費用が高い

駅に近ければ近いほど、土地自体の価格は高くなるのは皆さんもイメージ付くかと思います。

しかし、それだけではありません。

マイホームを建て、住み始めたあとにいろいろと税金がかかってきます。

一つは、固定資産税

市街化区域の固定資産税は、高めに設定されています。

また、都市計画税というのも払わなければなりません。

住み続けていくにも、けっこうお金が掛かってくるのです。

土地が狭い

市街化区域で土地を購入する場合、広々とした土地は滅多に手に入りません。

都道府県にもよりますが、都心部に近いほど小さい土地での販売などが多く、家を建てて終わり。

庭は作れない。なんてことにもなりかねません。

駐車場はビルドイン、庭は屋上に作る。

そんな資金力があればいいかもしれません。

セールスが多い

人口密集地域になるので、訪問セールスや勧誘などがうっとおしいかもしれません。

また、人目によく晒される場所なので、洗濯物の干し方や休日の服装など、迂闊な行動もとれませんね。

排気ガスや騒音に悩まされることも

電車や車通りが多いので、騒音や排気ガスは気になりますよね。

また、駅前は変なやからが集まったりするのでそっちの騒音も気になりそうです。

住宅が密集している

住宅が密集していると、ご近所付き合いが大変ですね。

せっかくのマイホームでも近所迷惑を配慮して生活しなければなりません。

例えば、テレビのボリュームや休日のバーベキューなどなど。

一度目をつけられたら、住みにくくなっちゃいます。

それから、隣の家から火事が燃え移る危険性もあります。

自分たちがいくら気を付けていても、周りの家が家事を起こしたらどうしようもありません。

巻き込まれて資産を失う可能性もあるということです。

スポンサーリンク

郊外のメリット・デメリット

郊外のメリット・デメリット

郊外のメリット

  • 土地が安い
  • 土地が広い
  • のびやかに暮らせる
  • ショッピングモールは郊外に多い
  • 災害に遭いにくい

土地を始めとした費用が安い

郊外の土地は市街化調整区域と呼ばれ、その土地価格は駅近よりも全然安いです。

半額から1/4くらいの値段で購入することもできます。

そして、固定資産税もめっちゃ安いです。

さらに、市街化区域ではないので、都市計画税がかからないのも大きなメリットです。

マイホームを維持していくお金も節約出来ちゃいます。

土地が広い

市街化調整区域は、90坪からの販売になります。

よって、広々としたマイホームを建ててもなお、駐車場と広いお庭を手に入れることができます。

のびやかに暮らせる

主要道路から外れた場所に多いため、車の騒音や排気ガスなどの被害は少ないと思います。

また、周辺には住宅が少なく、マイホームが影ってしまう心配も少ないです。

田んぼや公園が多いので、子どもがのびのび遊ぶことができます。

ショッピングモールは郊外に多い

最近では、大型のショッピングモールが至る所に建設されてますよね。

大半は駅から離れた郊外に建設されることがほとんどです。

大型なのでその分広くて安い土地が必要なのでしょうね。

ぶっちゃけ、ショッピングモールに行けば生活に困ることはありません。

災害に遭いにくい

市街化区域でも触れましたが、隣近所からの火事の燃え移りを気にする心配は少ないかと思います。

また、地震での被害も駅近辺に比べると少なくて済みます。

郊外のデメリット

  • 家を建てるまでに時間がかかる場合も
  • 駅が遠い
  • 養豚場や虫など近隣からの被害
  • 学校が少人数

家を建てるまでに時間がかかる場合も

市街化調整区域とは、市街化を抑制すべき区域と言われており、原則として開発行為を行わないように定められている地域になります。

基本的には、住宅を建てるのもNGとされていますが、要件を満たしていれば建てることも可能です。

しかし、許可が下りるまでに1年かかるなんてことも…

駅が遠い

駅が遠いということは、電車での移動が困難になります。

お子さんの進学先にも影響が出るかもしれません。

お子さんにとっては、免許を取るまでのあいだ文句を言われ続けるかもしれませんね。笑

養豚場や虫など近隣からの被害

田舎のほうだと、養豚場からの異臭が漂ってくることもあります。

もしかしたら、排気ガスより無理!っていう人もいるかもしれません。

また、田畑が多いため虫がすごいです。

網戸の目すら貫通してくるほどに…

近所の方が、自分ちの庭先で何か燃やしたりすることもあるので、そのケムリによる被害も考えられます。

洗濯物にケムリのニオイが付いてしまうなんてことも。

学校が少人数

とくに小学校なんかは、市街化区域に比べて人数が少ない傾向があります。

そのため、6年間ずっと同じメンバーで生活することも。

お子さんが良い人間関係を築けていればいいのですが、そんな少人数の中でいじめられたりしたら6年間地獄ですよね。

土地購入の前に気を付けるべきポイント

  • 建築条件に気を付ける
  • ご近所さんの人柄
  • ワケアリ物件かも?
  • ハザードマップの活用
  • ゴミ問題

建築条件に気を付ける

土地情報などを眺めていると、「建築条件付き」と書かれているものを目にします。

これは、特定のメーカーや工務店でしか建てちゃダメですよ!っていう、呪いです。

ご自身で希望のメーカーや工務店があるのであれば、建築条件無しの物件を探してみてください。

ご近所さんの人柄

おおよそ購入の目途がついた段階で、一度現地を見に行きましょう。

これから家を建てるに当たって、長く住む場所になるのでトラブルはご免ですよね。

そういった調査をないがしろにしないほうが良いと思います。

ワケアリ物件かも?

きわめて安い物件や、なかなか買い手がつかない物件ではワケアリの可能性も考えられます。

不動産屋さんは、そういった情報を聞かれた場合は正直に開示しなければならないそうなので、気になったらしっかり質問するようにしましょう。

ハザードマップの活用

川の氾濫や地震による、その土地の被害の程度がわかります。

近年、災害レベルの雨も降りますし地震も多くなってきています。

土地を買う前に調べられることは1つでも多く調べておきましょう。

ゴミ問題

ゴミの分別が厳しい市町村と、緩すぎる市町村が存在します。

隣の市町村なのに全然ルールが違うなんてこともよくあることです。

それと、ゴミを出すのに指定のゴミ袋を購入する必要がある市町村もあります。

その指定のゴミ袋が、市町村ごとに値段がバラバラ。

知人の住んでるエリアでは40リットル袋1枚50円!

高すぎ!!!

もし引っ越し先が今と違う市町村であれば、確認しておいたほうがいいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冒頭にも述べましたが、住む場所でその後のライフスタイルが左右されます。

ちなみに私は、土地ドーン!!が良かったので郊外を選びました。

これから野菜がどんどん値上がっていくので、家庭菜園をやろうと思っています。

いろいろメリットやデメリットを述べてきましたが、きっとこの記事を読む前から第一の印象があったと思います。

デメリットを気にし過ぎていたら、生活は楽しくなくなってしまいますから。

皆さんの選択の補足として役立てて頂ければと思います。

自分たちのライフスタイルにあったステキな土地を見つけてください。

これから土地を探すうえで参考になったなら幸いです。

建設会社をお探しであれば、こちらの記事を参考にして下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通して頂けると嬉しいです^^

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です