未分類

理想の家を作るための打ち合わせの仕方

理想の家を作るための打ち合わせの仕方

マイホーム計画では、打ち合わせが必須です。

私も打ち合わせにはかなりの時間を費やしました。

皆さんの中には、打ち合わせ中の方やこれから打ち合わせが始まる方もいらっしゃることでしょう。

理想の家を作るためにこちらの希望を伝える場ですので、打ち合わせの進め方は極めて重要です。

今回は、そんな打ち合わせの場で理想の家を作るために必要なポイントをご紹介していきます。

参考にして頂ければ幸いです。

目次

スポンサーリンク

理想の家を作るための打ち合わせの仕方

理想の家を作るには次のことを意識しましょう。

  1. 理想のイメージを固める
  2. 執拗な値切り交渉はしない
  3. 理想の家を作るための魔法の言葉

理想のイメージを固める

始めのうちはどんな家に住みたいのか、あまりイメージが固まっていない人は多いものです。

打ち合わせを重ねる中でいろいろな提案があり、良いと思った提案を取り入れイメージが固まっていく流れが多いと思います。

実は、そのような打ち合わせの進め方だと後悔してしまうケースも…

私も色んな建設会社の営業さんと打ち合わせをしてきましたが、最初はわからないことだらけでした。

少ない要望を伝えて打ち合わせを進めていったんですけど、営業さんが提案してくる間取りは定番の人気な間取りって感じのものばかりでした。

プロなのである程度は使いやすさなどを重視されているのでしょう。

しかし、マイホームは4回建てて、ようやく納得のいく家が建つなんてよく言われます。

それはつまり、生活をしていくなかで不便に気付いたり、デザインに不満が出てくるのでしょう。

家に住むのは自分です。

営業さんではありません

営業さんが、今までの経験から総合して提案してくる間取りやデザインが、必ずしもあなたが気に入るものとは限りません。

住み始めてから不満を感じないように、想像できる限りのイメージを持ってください。

玄関・リビング・キッチン・お風呂・部屋数などなど、実際に住んだときのイメージをしっかり膨らませましょう。

考えて考えてイメージを絞り出したら、検索や資料請求などを使って、自分の想像を超えるアイディアを探してください。

理想の家を作るなら、自分で勉強することを怠らないようにしましょう。

理想の間取りを作るためのポイントが知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

後日更新。

執拗な値切り交渉はしない

これ、やっちゃう方多いんじゃないでしょうか。

始めに言っておきますと、値切りがしつこいお客さんは嫌われます

詳細な値段の提示は、おおよその間取りや住宅の仕様が決まった契約直前

ここが1度目の値切りタイミングです。

そこで執拗な値切りを行うと、その後の打ち合わせにも影響してきます。

契約後は、キッチンやお風呂、トイレなどのメーカーやグレードを決めたり、壁紙やカーテンなどのデザインや色決めをしたり楽しい時間になります。

値切りしまくるイヤなお客さんだと、これらの打ち合わせで良い提案を貰えなかったりサービスを受けられなかったりする恐れがあります。

そして詳細な仕様の打ち合わせが終わると、いよいよ図面承認を行います。

図面承認で印鑑を押すと、その後の仕様変更は原則できなくなります。

このタイミングでオプションも含め最終的な金額が決まります。

ここで更にしつこい値切り交渉をすると、今度は建築中や実際に住み始めたあとのアフターサービスに影響が出てくる場合もあるかもしれません。

打ち合わせの相手も人間ですからね。

気持ちよく仕事をしてもらうためにも値切り交渉は最小限に留めておいてください。

ちなみに私は、値切り交渉はしませんでした。

値切り交渉をしなくても、理想の家を予算内で作る魔法の言葉があります。

私はそれを使って、納得のいく理想の家を手に入れることができました。

理想の家を作るための魔法の言葉

気になりますか?気になりますよね?

ただ、この言葉は全ての建設会社で使える言葉ではありません。

大手メーカーでなら使える言葉だと思います。

その言葉とは

見学会に協力します!

これです。

これだけだと、あんまりピンと来ないですよね。

詳しく解説します。

大手メーカーでは、実際に家を建てた人に見学会をお願いしています。

見学会とは、自分の家の中を他人様に見て頂くバスツアーです。

ハウスメーカーのモデルハウスは豪邸サイズなので、見学会を通じて実際に建てて住んでいる人の話を聞いたり、35坪くらいの現実味のある住宅を見学したほうがリアリティがあって購買意欲が湧くそうです。

その見学会に、積極的に参加する意思表示をするのです。

私の場合は、加えて

35坪のモデルハウスを作りたい

「私のような普通のサラリーマンでも、大手メーカーのモデルハウスのような家に住むことができるってことを見学会で伝えたい」

「【キョ―カンさんの家で見学会をすれば、成約率が高い】って思われるような、こだわりの住まいにしたい」

そういう熱意を、担当営業さんに伝えました。

すると営業さんも面白がってくれて、私のコンセプトに乗っかってくれました。

その後の打ち合わせはもうサービスの嵐です。

通常ならオプションで追加料金がかかる仕様でも無料で付けて頂けたり、マニュアルに無い仕様を注文した際には、設計の方が持ち帰りで対策を考えてくれて、私の要望を叶えてくれたり。

おそらく35坪のモデルハウスというコンセプトがウケたんだと思います。

営業の方も設計の方もインテリアコーディネーターの方も、ものすごい楽しそうに仕事をしてくれました。

ぶっちゃけ、話し合いの途中で私が置いてけぼりを食らうくらい、コーディネーターと設計の話が白熱していた場面もありました。

その結果、私の想像を超えるクオリティで鳥肌が立つような仕様を取り入れることができてとても満足しています。

また、見学会に積極的に参加する意欲を見せれば、貴重なモニターの住宅になるので住宅の不備などは迅速に対応してもらえるのではないかとも考えています。

これに関しては、まだ憶測です。

実際に、住宅に不備が出てから更新していこうと思います。

そして、どの建設会社でも使える魔法の言葉

それが

ありがとう

感謝を伝えてください。

私は、打ち合わせの度に何度もこの言葉を口にしていました。

  • ステキな提案をありがとう
  • そこまで考えてくれてありがとう
  • こんな時間までありがとう

etc…

感謝の気持ちを伝えれば、相手は仕事にやりがいを見出してくれます。

その結果、

ここまで頑張らせていただきます。

と、値引き交渉をせずとも結構値引きしてくれます。

そこで、もうちょっと安くしてくださいなんて言うのは無粋です。

ここまで頑張ってくれてありがとう。

これを伝えるだけで、相手のその後の仕事に対するモチベーションを上げることができます。

気持ちよく仕事してもらったほうが、色々とオトクですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私たちは買い物をする際に、良いものを安く購入しようとするクセが強いと思います。

安く買えれば、オトクな気持ちになりますもんね。

しかし、家作りにおいて発想を転換させれば、値段以上に良いものを作り出すことができます。

  • 安く購入するという考え方は捨てる
  • 相手をその気にさせる
  • 気持ちよく仕事をしてもらう
  • 上質なサービスを提供してもらう

家作り以外でも、この仕組みは応用できると思います。

家作りは決して安くない買い物です。

一時的な利益だけを求め過ぎないよう、長い目で見て有益となるように打ち合わせを進めてください。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

メーカーや工務店が決まっていない方はこちらの記事を参考にしてください。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です