節約・貯金

【初心者向け】クレジットカードとは?仕組みや注意点を解説

【初心者向け】クレジットカードとは?仕組みや注意点を解説
悩む人

「キャッシュレス決済はお得ってみんな言うけど、実際クレジットカードを作るのはなんか怖い。」

「クレジットカードについてちゃんと知りたい。」

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

この記事を書いている私は、お財布を持ち歩かなくなって4年になり、クレジットカードを始め○○ペイやEdyを多用するキャッシュレスオタクです。

そんな私が、クレジットカード作成に踏み出せないあなたのために、安心してクレジットカードを作成できるように仕組みと注意点を分かりやすく解説します。

あくまで初心者向けの解説なので、厳密には違うってところもあるとは思いますが、クレジットカードを使っていくうえで影響はありません。

ご容赦下さいませ。

スポンサーリンク

クレジットカードとは?仕組みは単純です

ここでは、クレジットカードがどのような仕組みで成り立っているのかを、イラスト付きで解説していきます。

クレジットカードの利用者、クレジットカード決済に加盟しているショップ、クレジットカード会社の3方の立場から仕組みを見ていきましょう。

クレジットカード利用者がカードを利用する仕組み

クレジットカード利用者の立場からみたキャッシュフロー

私たち利用者は、クレジットカードを使うことで現金の代わりとして買い物をすることが出来ます。

手元に現金が無くても、クレジットカードを1枚持っていれば、ショッピングや食事もできるので非常に便利なカードですね。

流れとしては、上の図の通り。

  • カードを利用する
  • カード会社がお店に料金を肩代わりしてくれる
  • 支払日にカード会社に利用分を支払う

一時的にカード会社が代金を肩代わりしてくれるお金の流れですね。

買い物をするたび、レジの店員さんに「お支払いはどうなさいますか?」と尋ねられると思います。

そこで一括払いか分割払いを選択できるんですけど、一括払いにしておけば利息は掛かりません。

1万円の商品を購入する場合、きっちり1万円で買うことが出来ます。

ぶっちゃけ一括払い以外の選択肢は無いと思っておいた方が良いですね。

詳しくは後述します。

買い物にかかった費用は、月に1度の支払い日に清算します。

お金に悩む人

「給料日までお金が無い!」

そんな人でも、その場で買い物や食事ができるのは嬉しいメリットかもしれませんね。

ただ、あまりに無計画で使ってしまうと、支払日の引き落としでスッカラカンになっちゃうのでご利用は計画的に。

まとめ

  • 現金の代わりに買い物ができる
  • 一括払いなら利息0円
  • 支払日は月1回

クレジットカード会社や加盟店の仕組み

クレジットカード会社や加盟店の仕組み

クレジットカード会社の仕組み

クレジットカード会社は、カード利用者に対して

  • ポイントを還元している
  • 利便性を提供している

クレジットカードのポイント還元とは

ポイント還元は、全てのクレジットカードに付帯するサービス。

ぶっちゃけクレジットカードを利用する一番のメリットと言えるでしょう。

例えばよくあるのが、ポイント還元率1%という設定。

この場合、100円のお買い物に対して1ポイントが貰えることになります。

100万円の支払いをクレジットカードで支払えば、1万ポイントが貰えるわけです。

1ポイント=1円が通常のレートなので、1万円を貰っているのと同じこと。

クレジットカードは、お店でのお買い物だけじゃなく、公共料金の支払いや税金の支払いにも対応しているケースがあります。

日常の支払いをクレジットカードにまとめるだけで、年間1万ポイントを稼ぐことは決して高いハードルではありません。

利便性の提供とは

今やクレジットカードで支払いができない店舗の方が希少。

それくらいクレジットカードが世の中に浸透したわけですね。

どこへ行くにも、カード1枚あればほとんどの要を足すことができるので、身軽なのが嬉しい。

現金を持ち歩くリスクを軽減できるのもクレジットカードを利用する利便性の一つと言えるでしょう。

それだけではありません。

クレジットカード会社ごとに提供しているサービスに違いはありますが、一例を挙げるとこんな便利なサービスがあります。

  • ETCカードの年会費無料
  • 海外旅行保険付帯
  • 空港ラウンジの利用料無料
  • 提携ホテルの割引サービス
  • ネットショッピングのポイント還元率UP
  • ガソリン値引き

これらはほんの一例です。

これらのサービスを無料で提供しているクレジットカード会社もあるので驚きですよね。

加盟店(ショップ)の仕組み

クレジットカード加盟店は、より多く集客するためにクレジットカードを使えるようにしています。

2つのお店で同じ商品が同じ値段で売られているなら、クレジットカードのポイントが貰えるお店で買い物をする人が多いからです。

しかし、お店としてはクレジットカード決済をするたびに、カード会社に手数料を支払わなければなりません。

通常店舗では1~5%ほどの手数料ですが、1万円の商品を売って100~500円がマイナスになるため、個人経営のショップなどではいまだに現金支払いしかできないところも存在します。

クレジットカードの注意点を知らなきゃヤバい

クレジットカード利用に踏み出せない人の多くが、注意点をちゃんと理解していないからだと思います。

「なんか怖い」で進めない人のために、ここでしっかり注意点を確認しておきましょう。

リボ払いは絶対にNG→金利の高い借金です

リボ払いとは、毎月の支払い金額を一定にして金利と一緒に返済していく支払い方法。

例えば、

お金に悩む人

「今月のカードの支払い10万円だけど、支払いキツイわ…。」

「リボ払いで毎月1万円返済していこう!」

この場合の支払い金額は毎月1万円で済みますが、1万円の内訳は元金と利子に分けられます。

もしくは、元金1万円+利子って感じですね。

リボ払いの金利はだいたい15%が多く、金利15%ってのは相当高いことを知っておきましょう。

リボ払いを借金という認識で使わないと破滅もあり得ます。

10万円を毎月1万円ずつ返済した場合はこんな感じ。

通常よりも7,405円を余分に支払うことになります。

もしかしたら、大したことない金額って思われるかもしれません。

「10万円に対して7,000円ならリボ払いもアリかな?」 って思った人は、ちょっとヤバいかも。

本当に怖いのはリボ払いを重ねて使うこと。

もう一度言いますが、リボ払いは借金です。

毎月10万円分のカード利用を5ヶ月間分リボ払いにした場合の返済シミュレーションはこちら。

支払い回数79回ですよ。6年7ヶ月です。

たった5回分の支払いをリボ払いに変更しただけで、6年以上も借金返済しなきゃならないんです。

支払い総額は約79万円。

利子だけで約29万も余計に支払っているわけです。

月々の支払いが1万円で済むので、どれだけ元金が返済できているのかを把握できている人は少ないでしょう。

気付いた時には取り返しがつかない事態に陥るかも…。

リボ払いは絶対にNG。

一括払いが理想ですが、一括がきついのなら回数上限が決まっている分割払いを賢く使いましょう。

口座残高をちゃんと用意しておきましょう

クレジットカード利用代金は、毎月決まった日に口座から引き落としがかかります。

その日に口座が残高不足になっていた場合、正常に処理されずペナルティを受ける場合があります。

当たり前ですよね。

カード会社は一時的にお金を肩代わりしてくれているので、約束の日にお金が戻ってこなかったらその後の信頼関係にキズが付きます。

ペナルティは大きく3つ。

  • カード利用の強制停止
  • カード・ローン関係のブラックリスト入り
  • 遅延損害金の請求

痛すぎますね。

一度信頼を失ってブラックリストに載ってしまったら、別のカード会社でクレジットカードを発行するのも難しくなりますし、住宅ローンの審査も通らなくなったりします。

クレジットカードの引き落とし口座は、残高に余裕を持っておきましょうね。

キャッシング機能は使わないのが無難

クレジットカードにはキャッシング機能が付いています。

キャッシング機能とは、お金を借りる機能のこと。

まんま借金ですね。もちろん利息もしっかり取られます。

リボ払いよりも高金利な場合がほとんどなので、使わないのが無難でしょう。

クレジットカードを紛失した場合

おびえる人

「クレジットカードを落としたらどうなる?」

「知らないうちにお金たくさん使われちゃったりしない?」

クレジットカードを紛失したときのリスクを考える人は多いでしょう。

ぶっちゃけ、クレジットカードの紛失はそこまで恐れることではありません。

ちゃんとした対応をすれば、被害を未然に防ぐことが出来ますからね。

  • カードの暗証番号を推測されにくいものに設定
  • 紛失時はすぐにカード会社に連絡を入れる

これだけで紛失時のリスクはほぼほぼ回避できるでしょう。

どちらかというと、お財布や現金を持ち歩く方がリスクが大きいと思います。

落としたら最後、戻ってくることはほとんどありませんからね…。

最後に:クレジットカードは自己管理できる人向け

クレジットカード初心者が最初の1枚として所有するなら、入会金や年会費が無料のカードが良いでしょう。

今や無料のクレジットカードでもかなり上質なサービスを受けることが出来ます。

私がおすすめする無料のクレジットカードはこちら。

上からおすすめ度の高い順になっています。

楽天カードやdカードはテレビCMでもバンバン宣伝されているので、ご存知の方も多いでしょう。

特に楽天カードは、日本人の保有率No.1と言われるくらいみんなが愛用しているクレジットカード。

無料のクレカなのに、日本のあらゆるサービスでポイントが貯まり、あらゆるサービスにポイントを使うことができるので、楽天ポイントは現金と言われるくらい使い道が豊富です。

最近では、dカードも楽天ポイントに近い使い方ができるようになってきていますね。

無料で作れるクレジットカードなら、作って損はありません。

しかし、使い方を誤ると人生破滅する場合もあり得ます。

リボ払いやキャッシングは絶対にNGとして、自己管理できる人向けですね。

  • 支払いは一括オンリー
  • 利用額をこまめにアプリでチェック

この2点さえを守っておけば、安心してクレジットカードのステキなサービスを堪能することができるでしょう。

それでもまだ、クレジットカードを所有するのが怖いと思うなら、作らない方が無難ですね。

というわけで以上です。

クレジットカードの仕組みと注意点の紹介でした。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です