節約・貯金

楽天Edyとは?メリットや使い方をご紹介!

楽天Edyとは?メリットや使い方をご紹介!

こんにちは、教官です。

2019年10月から消費税が10%に引き上げられ、それに伴って皆さんの興味関心を惹いているのがキャッシュレス決済ですよね!

キャッシュレス決済対象店舗では、2020年6月末までのあいだ、キャッシュレス決済をおこなうことによって最大5%のポイントバックを受けることが出来るのでとってもお得です!

消費税は2%上がったけど5%戻ってくるんだから、実質3%安く買えるようになったってイメージです。

また、キャッシュレス決済には様々な方法があります。

キャッシュレス決済を提供しているサービス会社も数えきれないほどあります。

各々のサービス会社で、プラスアルファのポイント還元があったりするので、今このタイミングでキャッシュレス決済に乗り出さないのは正直言って

どうかしてるぜ!!

いやほんと、現金使ってるのはほんとにもったいないですよ。笑

この記事では、数あるキャッシュレス決済の中で

楽天Edyについて解説していこうと思います。

楽天ペイで良くね!?

って思っている人も中にはいるでしょう。

実際私も思っていましたし、楽天Edyの導入もかなり遅かったです。笑

私の結論から言っちゃうと、

両方使おう!

って思っています。笑

楽天ペイも魅力的な機能ですけど、楽天Edyにしかない特徴もあるんでね!

楽天ペイについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい!

目次

スポンサーリンク

楽天Edyってなに?

楽天Edy
引用元:楽天Edy公式ページ
https://www.rakuten-card.co.jp/cashless/edy/

楽天Edyとは、楽天が提供している電子マネーサービスの一種であり、主に楽天カードやスマホアプリで利用するのが一般的。

ショップレジの専用端末にかざすだけで決済が完了するので、めちゃくちゃスマートに支払いをすることが出来ます!

楽天ペイよりも先にサービスが開始されており、楽天ユーザー以外の人でも楽天Edyを使っている人はけっこう多いみたいです。

楽天Edyのポイント還元率

楽天Edyのポイント還元率

楽天Edyは200円の支払いごとに楽天ポイントが1ポイント付与されます。

つまり、ポイント還元率は0.5%ということになりますね。

ぶっちゃけこれだと全然普通。

楽天Edyで支払いをするためには、事前に資金をチャージしておく必要があります。

チャージ方法に楽天カードを設定することによって、200円チャージにつき楽天ポイントが1ポイント付与されます!

ということは、楽天カードで200円チャージして200円を使うことで楽天ポイントが2ポイント付与されるということ!

還元率にすると1%ということになりますね。

チャージ方法については、後ほど述べていますので是非ご覧下さい。

楽天Edyのメリットは?

楽天Edyを使うメリットが無ければ、そもそも使おうとも思いませんよね。笑

支払いがスマートにできるだけが楽天Edyのメリットではありません!笑

楽天Edyを使うべきメリットは2つあります!

  • 入会金・年会費が無料!
  • 楽天Edyを使える店舗が多い!
  • 楽天ポイントをチャージできる!

楽天Edyは入会金・年会費が無料!

楽天Edyを利用するのに、入会金や年会費は一切かかりません。

無料で登録できるんだから、別に損することもないですよね。笑

楽天Edyは登録するだけで、楽天Edyポイントがもらえるキャンペーンもやっています。

2019年11月現在では、登録するだけで200ポイントを貰うことができます。

他にも常に多様なキャンペーンをやっていますので、キャンペーンに乗っかって登録するのもアリかも知れませんね!

楽天Edyは使える店舗が超豊富!

楽天Edyの最大の魅力は、いろんなお店での支払いに対応していること!

ここに関しては、楽天ペイよりもまだまだアドバンテージがありますね!

なんと全国66万カ所以上の実店舗で利用できるそうです。

しかも、まだまだ利用できる店舗は拡大中。

主要なコンビニやスーパー、ショッピングモールやファミレスなどはほとんど網羅していますね。

楽天ポイントをチャージできる!

楽天Edyの魅力の一つに、楽天ポイントをチャージして使うことができる!というものがあります。

しかも、チャージした楽天ポイントで支払いをしても、その利用額に応じてちゃんとポイントも付きます!

ポイントを消費しながら、ポイントが貯まるのでけっこうお得。

ただ、残念ながらチャージできるポイントは通常ポイントに限ります!

使い道に困る期間限定ポイントは、チャージできませんのでご注意を!

スポンサーリンク

楽天Edyの使い方

ここまで読んで頂いてありがとうございます!

楽天Edy良いかもしれない、使ってみたい!

って人のために、ここからは楽天Edyの使い方を解説していきます。

楽天Edyを使うためのツール

楽天ポイントカード

一つは楽天Edy機能付きの楽天ポイントカードで利用することが出来ます。

楽天ポイントカード自体、入会金・年会費が無料なのでトータル無料でスタートすることが可能です。

ただ、まぁあまりおすすめはしません。笑

おサイフケータイ

続いてスマホを使ったおサイフケータイ機能を使っての利用になります。

  • おサイフケータイアプリを開く
  • 「+サービスを追加する」をタップ
  • 楽天Edyを選択
  • アプリをダウンロード

この手順でおサイフケータイに楽天Edyを追加することができます。

日頃からおサイフケータイを利用されている方でないと、少しとっつきにくいかもしれないですね。笑

私の場合ですが、GoogleのPlayストアから、「楽天Edy」を検索してアプリをインストールしただけでもおサイフケータイに追加されました!

もともとSuicaとおサイフケータイを紐付けていたので、この方法で追加できたのかも知れませんね!

どちらかの方法でお試しあれ!

iPhoneアプリ

続いてはiPhoneで楽天Edyを利用する方法です。

iPhoneにはおサイフケータイ機能が付いていないらしい…

なので、iPhoneで楽天Edyを使うには、楽天Edyカードとパソリという機械が必要になります。

なんだかめんどくさそうですね…

パソリではEdyのチャージ以外にもSuicaやnanacoのチャージも対応しているようで、日常的にこれらを活用する機会が多いのなら導入しても良いかもしれませんね。

ただ単に、iPhoneで楽天Edyの機能を使うためだけにパソリを揃えるのは少しコストがかかり過ぎではないでしょうか。

楽天カード

最後に楽天Edy機能付きの楽天カードによる利用です。

ぶっちゃけこれが一番おすすめ!

せっかく楽天Edyで楽天ポイントを貯めるなら、楽天カードと紐付けるほうが還元率が良いってことは冒頭で話しましたよね!

楽天カードは無料で作れるうえに、8,000円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンまでやっています。

言うならば、タダで8,000円貰えるってこと!

タダで8,000円が稼げて、そのうえ楽天Edyを使うときにはポイント還元率も高まるんだから一石二鳥じゃないでしょうか。

\楽天カード公式ページはこちら/

私が楽天カードを使った感想を↓の記事にまとめています。

良かったら遊びに来てください!

楽天Edyへのチャージ方法

チャージでポイントゲット

最後に、楽天Edyへのチャージ方法をご紹介していきます。

チャージしなきゃ使えませんからね。笑

上記していますが、楽天カードでチャージすればチャージにもポイント還元が付きますから一番のおすすめはそれです。笑

ただ、他にもいろいろな方法がありますので一通り見ていきましょう。

現金によるチャージ

これが一番早いしカンタン

コンビニ等で楽天Edyにチャージしてくださいって伝えて、現金を支払うだけ。

非常にシンプル!

ただ、この方法ではチャージによるポイント還元を受けることが出来ないので、難しいことは考えたくない人向けと言えるでしょう。

クレジットカードによるチャージ

特に楽天カードでチャージをすることによって0.5%のポイント還元を受けることが出来ます。

なので、なるべくならクレジットカードによるチャージを実施したいところ!

しかし!!

これが一筋縄ではいかないっていう…

ぶっちゃけめんどくさい!!笑

  • Edy Viewerを利用する
  • Edy Viewerの利用には楽天Edyリーダーかパソリが必要
  • なんならパソコンも必要

ということで、クレジットカードを使って楽天Edyをチャージするには、パソコンにEdyリーダーやらパソリやらを接続し、それを使ってチャージを行うので機器を揃えるのもめんどくさい…笑

iPhoneの方は、これがあるので少し残念な気もしますね…

楽天Edyアプリによるチャージ

対象機種はアンドロイドになります。

私は幸いアンドロイドだったので、この方法が一番ラクだしおすすめです!

この方法では、楽天Edyアプリにクレジットカードを登録してそこからチャージをしていきます。

ちゃんとチャージによるポイント還元も受けることができます!

  1. アプリをインストール
  2. アプリにEdyカードを登録する
  3. チャージボタンをタップ
  4. チャージ金額とパスワードを入力
  5. 楽天Edyカードをスマホにかざす

以上で終了!

手順が多そうに見えるかもですが、実際3分もかかりません。

全然難しくもないです。

楽天会員に登録されているクレジットカードからチャージされるので、登録カードは楽天カードに忘れず設定しておきましょうね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽天Edyの最大のメリットは、使えるお店が66万カ所以上あること!

ぶっちゃけ現時点では、ポイント還元率だけを考えていくと楽天ペイの方が優秀と言えます!

ただ、楽天ペイが使えないお店もまだまだあるので、今の時点では使い分けがおすすめなのかなって思いますね!

個人的には、ドン・キホーテで楽天Edyが使えることがすごく大きなメリットですね。笑

結構大量買いするんで、楽天カード払いよりも楽天Edyで支払ったほうがポイント貯まりますからね!笑

楽天Edyを駆使して、無駄なく楽天ポイントを貯めていきましょう!

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です