節約・貯金

楽天でんきを1年以上使った感想【電気代が半額以下になった】

楽天でんきを1年以上使った感想【電気代が半額以下になった】

楽天でんきを検討している人

楽天でんきで電気代って安くなりますか?ほかの電力会社と比べてどんなメリットデメリットがあるのか知りたいです。

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いているぼくは、新築マイホームを購入したことをキッカケに楽天でんきに乗り換え、以前よりも電気代が年間で半額以下になりました。

いちおう証拠として、ぼくの電気料金の支払い実績をご覧ください。

2020年の電気料金

請求金額を見ていただくと、赤枠で囲ってある「—」の部分がありますね。

この月は、電気代の支払い負担が0円だった月になります。

12か月間のうち、7ヶ月間の電気代を0円にできた理由は、楽天ポイントを上手に活用できたから。

楽天でんきは、貯めた楽天ポイントで電気代を支払うことが可能。楽天ポイントはめっちゃ貯まりやすいので電気代の支払いを0円にすることだって可能です。

こんなことができるのは、楽天でんきだけ!

かなりオススメなので、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

楽天でんきを1年以上使った感想【電気代が半額以下になった】

楽天でんきを1年以上使った感想【電気代が半額以下になった】

ぼくが楽天でんきを使って感じたメリットは3つあります。

  1. 楽天ポイント払いが超優秀
  2. 電気を使うほどオトクになる
  3. 電気代で楽天ポイントが貯まる

これらになります。

詳しく解説していきますね。

楽天でんきのメリット①:電気代を楽天ポイントで支払える

楽天でんきのメリット①:電気代を楽天ポイントで支払える

冒頭でもお話ししましたが、ぼくは1年のうち半分以上の電気代を支払っていません。

それは楽天ポイントを電気代に充てているからです。

楽天の期間限定ポイントが使える!

楽天ポイントには2種類あり、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」に分けられます。

使い勝手に困る期間限定ポイントで電気代が支払えるってのが、楽天でんきの最大のメリットだと思っています。

✔期間限定ポイントの特徴

  • 楽天サービスでザクザク貯まる
  • キャンペーンでもザクザク貯まる
  • 期限がわりと短いので使い道に困る

楽天市場でのお買い物で、笑っちゃうくらいポイントがザクザク貯まります。

以前はAmazonでしか買い物をしなかったぼくですが、楽天ポイントの貯まり方が異常過ぎて、今では買い物のほとんどが楽天市場になっています。

期間限定ポイントがどのくらい貯まりやすいか、ぼくの実績がこちら。

獲得した期間限定ポイント

楽天サービスを利用したり、定期的に開催されるキャンペーン中に買い物をするだけで、これだけの期間限定ポイントを稼ぐことができます。

ぼくの楽天活用法は次のとおり。

  1. 買い物リストを作っておく
  2. キャンペーン中にガッツリ買い物
  3. 期間限定ポイントをガッツリ貯める
  4. 楽天でんきの電気代をポイント払いする

楽天市場で買い物をするのは年に3~4回程度。

小分けで買い物をするより、キャンペーン中にガッツリ買い物をした方がポイントが貯まりやすいんです。

ぼくはこの方法で、1年間のうち7ヶ月分の電気代を0円にすることができました。

楽天ポイントの貯め方をもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事を参考にどうぞ。

楽天でんきのメリット②:電気を使うほどオトクになります

楽天でんきのメリット②:電気を使うほどオトクになります

楽天でんきの基本料金は0円で、使った分だけ支払えばOKなんです。

また、楽天でんきの従量料金はどれだけ使っても一定料金ってのがお得ポイント。

例として東京電力の場合を見ていきましょう。

✔東京電力の1kWhあたりの従量料金

  • 120kWhまで約20円
  • 120~300kWhまで約26.5円
  • 300kWhオーバーで約30.5円

つまり、使えば使うほど1kWhあたりの単価が上がっていくのが一般的な電気料金プランです。

ちなみにぼくは3人家族で、いちばん電気代がかかる冬場だと561kWh使っていました。

電気をめっちゃ使う家庭では、楽天でんきのほうがお得ですね。

楽天でんきのメリット③:電気代で楽天ポイントが貯まる

楽天でんきのメリット③:電気代で楽天ポイントが貯まる

画像のとおりで、電気料金200円ごとにポイントがもらえます。

さらに支払いを楽天カードにすれば、100円ごとにポイントが追加でもらえます。

ひと月換算だと小さく感じますけど、年換算だと数千ポイントになるのでかなりデカいです。

電気代のうち数千円が戻ってくるんですからね。

かるくお小遣いです。笑

支払いはかならず楽天カード1択ですよ!

まだ作っていないならこちらからサクッとどうぞ。

>>年会費永年無料の楽天カード

スポンサーリンク

楽天でんきの感想【3つのデメリット】

楽天でんきの感想【3つのデメリット】

もし楽天でんきに興味を持ったなら、デメリットについても知っておいた方が良いでしょう。

まぁ契約や解約は0円なので損はしませんが、手間ですからね。

デメリットは3つあります。

  1. SPU対象外になる
  2. 20A以下だと契約できない
  3. 電気代が高くケースがある

ひとつずつお話しますね。

楽天でんきのデメリット①:SPUの対象外になります

今現在、楽天でんきを契約していればSPUが0.5倍アップします。

✔SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは?

楽天が提供する対象サービスを利用することで、「楽天市場で買い物をするとき限定でポイント倍率がアップする」プログラム。最大でポイント倍率16倍にまで引き上げることが可能です。

ぼくが楽天ポイントをガッツリ貯められているのも、このSPU倍率をアップさせているおかげ。

2021年6月1日から楽天でんきがSPU倍率アップの対象外となるので、その点はご注意を。

ただ、SPU倍率はもともと0.5倍ですし、SPUを抜きにしても楽天でんきはメリットの方が大きいと感じますけどね!

楽天でんきのデメリット②:20アンペア以下だと契約できません

ご家庭のブレーカーをチェックしてみましょう。

20A以下だと契約できず、契約するには最低30Aからとなります。

アンペアの条件さえ満たしていれば、マンションやアパートでも楽天でんきを契約することはできます。

楽天でんきのデメリット③:電気代が高くなるケースがある

電気代が高くなるのは、つぎのとおり。

  1. 電気をあまり使わない場合

自宅にいる時間が少なかったり、一人暮らしの家庭に該当しそうですね。

電気をあまり使わないなら割高です

一般的な電気代は、電気を使うほど高くなるのは説明しましたね。

  • 120kWhまで約20円
  • 120~300kWhまで約26.5円
  • 300kWhオーバーで約30.5円

楽天でんきの従量料金は一定で、ぼくが住むエリアは26.5円です。

つまり、ひと月の電気代が300kWhを超えてからやっと楽天でんきの恩恵を受けられるってことです。

ひとり暮らしの家庭なんかは楽天でんきに向かないと思いますね。

まとめ:楽天でんきを契約するなら楽天ポイントを貯めるべし

まとめ:楽天でんきを契約するなら楽天ポイントを貯めるべし

楽天でんきのメリット・デメリットは次のとおりでした。

✔楽天でんきのメリット

  1. 楽天ポイント払いが超優秀
  2. 電気を使うほどオトクになる
  3. 電気代で楽天ポイントが貯まる

✔楽天でんきのデメリット

  1. SPU対象外になる
  2. 20A以下だと契約できない
  3. 電気代が高くケースがある

ぼく個人の感想としては、「電気代をポイント払いできる」って点がマジで優秀だと思っています。

このひとつのメリットだけで、デメリットなんて気になりません。

楽天ポイントをガッツリ貯める方法はこちらの記事を参考にしてください。

楽天ポイントの貯まり方が改悪にならない限り、ぼくは楽天でんきを使い続けるつもりです。

というわけで以上です。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です