その他

【2020年3月】楽天モバイル新プランの詳細と注意点

【2020年3月】楽天モバイル新プランの詳細と注意点

「楽天モバイルの新料金プランってどうなの?」

「乗り換えたほうがお得なの?」

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 楽天モバイルの新プランの詳細
  • 乗り換える場合の注意点

3月3日に楽天モバイルが新しい料金プランを公表しました。

その名も、「Rakuten UN-LIMIT

この新料金プランが、かなりの注目を集めているので私も気になって調べてみました。

現在、楽天モバイルで契約している自分としては、ぶっちゃけ今の料金プランでもかなり満足しています。

ただ、新しい料金プランに乗り換えることで、もっと得することができるなら検討すべきだとも思っています。

この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

楽天モバイルの新プランの詳細

Rakuten UN-LIMITは、たった一つの料金プランとなります。

内容は以下のよう。

  • 月額2,980円
  • 国内通話かけ放題
  • データ使い放題(楽天回線)

こう見ると一見良さそうに思えますよね。

本当に電話もデータも使い放題で2,980円ならとてつもなく安い。

DoCoMo、au、Softbankの3大キャリアでは大容量通信プランで7,000円オーバーの利用料金が発生しますからね。

しかし、これには裏があります。

しっかりと吟味したうえで乗り換えないと、後悔するかもしれませんね。

アプリを使用して国内通話かけ放題

Rakuten Linkというアプリを使うことで、国内通話は無料でかけ放題になります。

これは現状の楽天モバイルも似たような感じですね。

比較すると以下のよう。

楽天でんわアプリ

  • 国内通話10分かけ放題
  • 10分以降は30秒10円
  • 楽天でんわアプリ未使用時は30秒20円

私の場合、基本的には楽天でんわアプリを使って通話をするんですけど、着信があったときに折り返す場合、リダイヤルしてしまうと楽天でんわアプリ未使用で通話することになってしまいます。

気を付けていてもうっかりミスしちゃうときがあるので、その都度注意がひつようですね…。

Rakuten Linkアプリ

  • 国内通話時間無制限かけ放題
  • 海外から日本へもかけ放題
  • 日本から海外へは980円/月

先ほどの楽天でんわアプリ同様、このアプリから通話しないと無料かけ放題にはなりませんのでご注意ください。

国際電話も日本に向けてはかけ放題なので、人によっては良いかもしれませんね。

データ使い放題は楽天回線のみ

現在、楽天モバイルはDoCoMoとauの回線を間借りしてサービスを運営しています。

着々と楽天の基地局も増やしているみたいですが、3大キャリアと比べるとまだまだ少ないのが現状ですね。

そこで、4月からの新プランでは、 数少ない楽天基地局が設置されているエリアでのみデータが使い放題となります

データ使い放題になるエリアがこちら↓

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県

これらエリアの一部となります。

東京エリア

東京エリア

濃いピンクで塗られたエリアが、データ使い放題の楽天回線エリアとなります。

薄いピンクのエリアは、パートナーエリア(KDDI回線)なのでギガを消費してしまいます。

新宿区や渋谷区を中心に楽天回線エリアが広がっていますね。

西東京まで行くと楽天回線が届かないエリアとなってしまいます。

神奈川エリア

神奈川エリア

神奈川県は楽天回線エリアが川崎や横浜近辺のみと、かなり狭いですね。

千葉エリア

千葉エリア

千葉県は千葉市から船橋市や浦安市にかけて、海沿いが対象エリアです。

埼玉エリア

埼玉エリア

埼玉県はさいたま市を中心に東京寄りが対象エリア。

愛知エリア

愛知エリア

愛知県は名古屋市を中心に、割と広い範囲で対象エリアとなっています。

大阪エリア

大阪エリア

大阪も大阪市を中心に広いエリアが対象となっています。

京都エリア

京都エリア

京都も対象エリアは広いですね。

関東地方よりこっちに力が入っている感じです。

兵庫エリア

兵庫エリア

兵庫県は、神戸の海沿いが対象エリアとなっていますね。

では、これらのエリア以外でデータ通信を行う場合はどうなるのか?

  • 月2GBまでau回線を利用できる
  • 2GBを超える場合、128kbpsの低速通信
  • もしくは1GBごとに500円で追加購入できる

2021年の3月には全国的に楽天回線エリアになる予定だそうです。

これを見て、該当エリアが生活圏内であれば乗り換えても良いかもしれませんね。

しかし、該当エリアは今のところごくわずかです。

Rakuten UN-LIMITのキャンペーン

キャンペーン情報
  • 月額料金1年間無料
  • 事務手数料ポイント還元

月額料金2,980円が1年間無料になるという超太っ腹なキャンペーン。

また、契約時に支払う3,300円の事務手数料ですが、Rakuten Linkアプリを登録することで楽天ポイントが3,300ポイント還元されるので実質無料。

これらのキャンペーンは300万名を対象としており、増減の可能性もあるみたいです。

Rakuten UN-LIMITに乗り換えるべきか

Rakuten UN-LIMITに乗り換えるべきか

私の結論は、「乗り換えるべきではない」です。

まぁ私は楽天回線の対象エリアに住んでいないからってのもありますが、もし私が楽天回線の対象エリアに住んでいたとしても、このタイミングでは乗り換えません。

理由はたった一つ。

楽天回線エリアが狭すぎるから!

ぶっちゃけ、自宅や職場にWi-Fiがある人は多いんじゃないでしょうか。

いくら生活圏がデータ使い放題でも、生活のほとんどが自宅や職場ならあまりメリットとは言えません。

それよりも外出先でデータ使い放題だからメリットなんじゃないでしょうか?

それにしてはあまりにも楽天回線エリアが狭すぎます。

私が現在使っている楽天モバイルのスーパーホーダイプランなら、低速通信モードでも最大1Mbpsの通信速度が出ます。

これはYouTubeが普通に閲覧できる通信速度。

ネットサーフィンも余裕です。

テザリングしてパソコンをネットに繋ぐことだってできます。

実際、私が外出しているときは、低速通信モードでテザリングしてブログ執筆していますからね。

Rakuten UN-LIMITだと、2GBを使い切ったあとの低速通信は128kbps。

よくある低速通信速度だから、YouTubeなんかとても再生できません。

Rakuten UN-LIMITを検討すべき人

  • 現在他社で契約している人
  • 1年間、対象エリア内で生活できる人

楽天モバイル自体は素晴らしい格安スマホです。

現在、他社で契約している人なら、乗り換えを検討しても良いかもしれませんね。

ちょっとストレスはありそうですが、1年間タダでスマホが使えるのは大きなメリットだと思います。

また、2021年の3月には全国的に楽天回線エリアになる予定なので、1年間を我慢することができる人なら乗り換えても良いと思いますね。

筆者の結論

私は楽天モバイルのスーパーホーダイプランで月額980円を継続して全国どこでも実質データ使い放題を選択します。

ただ、全国的に楽天回線エリアが普及したとき、同じように全国的に5G回線も普及する予定みたいです。

2021年3月がプランの変更を見直す時期だと思います。

というわけで以上です。

格安スマホの楽天モバイルが、3大キャリアに参入してくれたことは非常に嬉しいです。

今後に期待しています。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です