未分類

【web内覧会】我が家のお風呂をご紹介!【大和ハウス】

【web内覧会】我が家のお風呂をご紹介!【大和ハウス】

こんにちは、教官です。

新築マイホームに入居後、1ヶ月が経った我が家の状況や間取りをご紹介していきます。

前回はリビングダイニングについてご紹介しました!

まだ読んでいない方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

この記事では、我が家のお風呂についてご紹介していこうと思います。

我が家では、一風変わった発想でお風呂を作り上げています。

「そんな考え方もあるんだー」

くらいに思っていただけたら幸いです。笑

新たな発見と思っていただけたら、なお幸いです!笑

ぜひ、最後までお付き合いください^^

目次

スポンサーリンク

お風呂は2階に設置

お風呂は2階に設置

我が家の変わっているポイントとして、お風呂が2階にあることが挙げられます。

これを周りの人に話すと、かなりビックリされます。笑

そして、「不便そう」と口を揃えて言われます。

でもでも、2階にお風呂があるメリットもたくさんあるんですよ!

ライフスタイルによっては2階にある方が良い場合だってあるはず。

我が家がお風呂を2階にした理由は以下になります。

  • LDKを広く作れる
  • プライバシーを切り離せる
  • 洗濯導線がスムーズになる
  • 朝の準備がスムーズになる

これらの考え方について一つずつ見ていきましょう。

LDKを広く作れる

一般的によく見る間取り図では、1階にお風呂や脱衣所、和室などといったスペースが設けられていることが多いように感じます。

そのため、これらのスペースを確保しつつLDKも広く作りたいってなると、どうしても延床面積自体を広く取る必要が出てきてしまいます。

つまりコストアップ

お金に余裕がある人ならいいですけどね。笑

私のような一般のサラリーマンには難しい課題でした。

我が家の最優先事項は、「快適ステキなLDKを作ること!」

お風呂場を2階にすることによってLDKを広く作れるなら全然2階でいいやって思いました。笑

1階の方が便利っていう場面ももちろんありますけどね!

使い道が限定される和室はそもそも無し!っていう判断です。笑

プライバシーが切り離せる

例えば、友だちや家族がお泊りに来たりした場合、滞在する空間は基本的にリビングダイニングになるかと思います。

同じフロアにお風呂や脱衣所があると、特に女性の場合は音とか気にする場合もあるんじゃないでしょうか。

もしかしたらハプニングで扉を開けられてしまう事故もあるかもしれません。

人気な間取りとして、玄関から浴室まで直通導線っていうのがあります。

汚れて帰ってきた子どもがすぐに洋服や体を洗える点で人気のようです。

しかし、玄関でお客さん対応している家族に気付かずにタオル一枚で脱衣所から出てきてしまった!

とか恥ずかしい思いをすることもあるかも知れません。笑

お風呂まわりは、トイレと同じくらいのプライバシー空間となるでしょう。

2階にあった方が人目や音を気にすることなくリラックスすることができますよ!

洗濯導線がスムーズになる

特にベランダで洗濯物を干す家庭では、2階お風呂は抜群の性能を発揮してくれます。

ベランダって2階にありますよね。

洗濯から干すという流れがスムーズに行えるというメリットがあります。

洗濯は1階、干すのは2階となると、水を吸った重たい洗濯物をいちいち2階に持っていく労力がかかってきます。

また、洗濯物を取り込んだ後、いちいち1階の脱衣所に下着類やタオルを収納したりと上げ下げの手間がかかります。

洗濯スペースと干すスペースは、同じフロアにまとめたほうが家事導線は飛躍的にラクになりますよ!

家事は毎日の作業です。

少しでもラクになる方法を模索してみてください!

朝の準備がスムーズになる

我が家は2階に寝室があります。

一般的に2階に寝室がある家庭がまだ多いでしょう。

我が家の朝のルーティーンはこんな感じ。

  • 目が覚めたら着替える
  • 2階洗面所で身なりを整える
  • 1階に降りて朝食
  • そのまま出勤

朝の支度が全て2階で完結できるので、1階と2階を行ったり来たりする必要が無くなります。

支度が終わったら、1階に降りて朝食っていう流れがスマートで気に入っています。笑

お風呂はTOTOの1坪サイズ

お風呂はTOTOの1坪サイズ

我が家のお風呂はTOTOにしました。

他にもリクシルやパナソニックなどもありましたが、正直大きな違いっていうのは無いようにも感じました。

保温性能とか掃除のしやすさってのはどこも一緒のように感じます。

壁面パネルのデザインは各メーカーで違うので、デザインで選ぶのが一番楽かも知れませんね。笑

我が家はほっカラリ床で決めました。笑

浴槽は人工大理石

浴槽は人工大理石

一般的に広く普及しているのがFRP浴槽

しかし我が家は人工大理石浴槽!

人大浴槽に決めた理由は、カラーです。笑

FRP浴槽だと黒を選択できなかったので…。

はじめはそれだけだったんですけど、人大浴槽には様々なメリットがあるらしいので結果的には良かったと思っています!

人大浴槽のメリットはこんな感じ。

  • 保温性能に優れる
  • FRPより汚れや傷がつきにくい
  • 高級感がある

見た目で決めた人大浴槽でしたが、手入れがラクなのはかなり大きいメリットでした!

マイホームのお掃除負担は極力減らしたいですからね。笑

4面パネルを採用

4面パネルを採用

4面パネルは無くていいって思われる方も多いかもしれませんね。笑

これも浴槽のカラーに合わせたデザイン重視のオプションでした。笑

ただ、こういったオプション費用を捻出するための方法がちゃんとあります!

我が家のお風呂にはがありません。

言わなきゃ勝手に付けられている窓っていくらすると思います?笑

大和ハウスでは大体1カ所で5万~ですよ!

ネットで見ると2万くらいの窓もありますけど、防犯対策や断熱性能が低いものなので安いものはあまりおすすめしないです。

お風呂の窓ってぶっちゃけ必要ないと思っています。

窓の必要性について詳しくまとめた記事がありますので、こちらを参考にしてください!

必要のないものを省きまくることで、オプションに回せる予算を増やせるのでおすすめです!

お風呂の窓は絶対要らないと思うので、ぜひ取り入れてみてください!

浴室ドアは内開きがおすすめ!

浴室ドアは内開きがおすすめ!

プランニングの段階では、バスタオル掛けを別の場所に設定していました。

しかもオプションで…笑

確かにカッコよかったんですけど、バスタオルを取りに行くまでに僅かでも水滴がしたたり落ちるのがちょっと嫌でした。

写真のようにドアにバスタオル掛けを設置して内開きにすれば、浴室から出ることなくバスタオルを取ることが出来ます!

脱衣所を濡らす心配がなくなるのでおすすめですよ!

浴槽のフタはフックで収納

浴槽のフタはフックで収納

こちらのフックもオプションになります。

お風呂のフタってどうしていますか?

丸められるタイプなら、丸めて洗い場に置いたり、浴槽の隅っこに置いたり。

このフックは大和ハウスからの提案で取り入れたものになりますが、目的はカビ対策!

直置きだとカビ問題が多いって聞いたので取り入れてみました。

まだ新築1ヶ月なので、効果を実感するのは当分先になりそうです。笑

浴室換気乾燥機はもはや定番

浴室換気乾燥機はもはや定番

新築でこれを付けないところはそうそう無いでしょうってくらい定番商品ですね。笑

やっぱり便利です。

ましてや我が家は窓無しなんで!笑

それに暖房機能も付いているので、脱衣所まで暖かくなるのがありがたい!

アパート暮らしのときは、風呂から出たとき凍えてましたからね。笑

換気機能は3時間稼働でも電気代約2円程度と経済的。

ぜひ、採用してみてください!

スポンサーリンク

浴室の改善ポイント

実際に住んでみて気付く点ってやっぱり出てきます。

我が家の浴室改善ポイントはたった一つ!

広さが足りない!

これは後からどうにかできる問題ではないですよね…。

1坪スペースは正直狭いです。

1人で入浴するなら問題ないですけど、子どもや妻と一緒に入るときはもっとゆったりできたらいいなーって思います。

1坪でも大丈夫なんですけどね。

理想は1.25坪!

覚えておいてください!笑

1.25坪!

1.5坪だと更にゆとりはありますけど、無駄なスペースになりかねません。

1.25坪がすごくちょうどいい!

我が家が1坪スペースにした理由は、広いと掃除が大変そうって考えたからです。

だけど、全然そんなことない。

そんなに違いはありません。

これから計画される方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

終わりに

いかがでしたでしょうか?

毎日使うお風呂なので、好みのデザインになれば自然と気分も高まります。

リラックス効果も倍増するかもしれません。

我が家のお風呂だとリラックス効果はあまり期待できないですけどね。笑

これからマイホーム計画を進める方にとって少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です