未分類

【web内覧会】我が家のキッチンをご紹介!【大和ハウス】

【web内覧会】我が家のキッチンをご紹介!【大和ハウス】

こんにちは、教官です!

新築マイホームに入居後、1ヶ月が経った我が家の状況や間取りをご紹介していきます。

前回はお風呂についてご紹介しました!

まだ読んでいない方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

この記事では、我が家のキッチンについてのこだわりポイントと改善点をご紹介していきます!

是非、最後までお付き合いください^^

目次

スポンサーリンク

トクラスの大理石キッチンを採用

トクラスの大理石キッチンを採用

我が家のキッチンは、トクラスの大理石キッチンを採用しました。

大和ハウスでは、標準価格でトクラス、リクシル、クリナップの3社からキッチンを選ぶことが出来ます。

その中でもトクラスのキッチンに関しては、大和ハウス特典が豊富でお得感がすごかったのでこちらを採用することになりました!

ステンレスキッチンもステキだったんですけどね!

大和ハウスでトクラスのキッチンがおすすめな理由については、過去に記事にしています!

ぜひ、こちらもご覧ください。

大理石キッチンを考えているなら、トクラス以外のメーカーは考えられません。

トクラス1強と言って過言ではないでしょう。

手入れしやすい大理石シンク

手入れしやすい大理石シンク

トクラスの大理石シンク最大の魅力が、手入れのしやすさ!

衝撃に強く、硬いものを落としても割れたりすることはありません。

醤油やカレーなどの色が染み込みにくい特徴もあるので、サッと拭き取るだけでお掃除完了できます。

また、万が一シンクに汚れが付着して色が移ってしまっても、スポンジの硬い面で擦るだけであっという間に元通り!

擦りキズ付いてしまっても、ナイロンタワシで擦れば新品状態に戻すことが出来ます!

研磨できる大理石シンクというわけです!

これがもう、圧倒的にラク!

キレイを保ちやすいです。

ワイドシンクなので、フライパンもまるごと洗えて快適です。

ちなみに、写真に写っているもので、蛇口だけはオプションにしました。

標準のデザインがあまり好きではなかったので。笑

それ以外の、ラックは全て大和ハウス特典で標準装備です!

広々調理スペース&ハイバックカウンター

広々調理スペース&ハイバックカウンター

アパート時代には無かった広々とした調理スペース…。

一口コンセントも標準装備なので、調理がしやすくて助かっています!

それと、トクラスキッチンの特徴であるハイバックカウンター

調理スペースからカウンターにかけて、継ぎ目がないんです!

変な段差もないので、ホコリが溜まることもありません。

この点でも、お手入れがしやすくて助かっています!

憧れの食洗機も導入!

憧れの食洗機も導入!

食洗機が我が家にも導入されました!

感激です!

食洗機のおかげで、洗い物にかかる時間が激減しました!

食洗機を導入したけど、使っていない家庭も多いみたいですね。

会社の人でも1回使ってそれっきりって人がいました。

モッタイナイ!!

食洗機を使えば、

  • 水道代が安くなる
  • 高温洗浄で衛生的
  • 自分の時間を確保できる

といったメリットがあります!

実は、手洗いよりも食洗機の方が使う水の量は少なくて済むそうです!

何より、自分の時間を確保できるってことがとても重要ですよね。

時間は命です。

食器を洗う時間が長くなるほど、命を削っているってことになります。

大袈裟に聞こえるかもですが、マジですよ。笑

我が家はガスコンロを採用

我が家はガスコンロを採用

新築=オール電化じゃないの?って言われることが多々ありますが、我が家はオール電化にしませんでした。

理由はいくつかありますが、結局はコスト面になります。

オール電化にするための導入コストも結構高いですし、生活していくうえでのランニングコストも、我が家の場合ではオール電化の方が高くなる計算になりました。

今は電気もガスも選べる時代になり、我が家は楽天経済圏でガッポリしていますので電気ももちろん楽天でんき!

オール電化だと楽天でんきは契約できないんですよね。笑

ガス会社もネットで簡単に比較して、安くすることができるのでトータルで考えたらオール電化よりメリットを感じました。

こういった比較サイトを利用すれば、自分に合った最安ガス会社をすぐに見つけることが出来ます。

面倒なガス会社の解約手続きも勝手にやってくれるので、月々のガス代に悩んでいる方は覗いてみてください。

マルチグリル機能が充実

マルチグリル機能が充実

今の時代この部分って、魚焼くためだけのものじゃないんですね…

  • 焼く
  • あたためる
  • ノンフライ
  • 冷食解凍
  • 煮る
  • 蒸す
  • パン
  • etc…

なんかすごいたくさん機能が付いてて使いこなすのに時間がかかりそう!

ってか、面倒がって使ってないだけですが…笑

ボタン一つでこれらの調理ができるみたいです!笑

これは年末年始までに使いこなしておかなければ…

来客たくさんだから…

ガスコンロのデメリット

私が感じたガスコンロのデメリットはたった一つ…。

ゴトクが焦げる!!

焦げるというか、変色するってのが正しいかな。

これは盲点でした。

最初はキラキラキレイな色してたんですよ。

めっちゃカッコよかったんですよ。

たった1回の調理で、変色しました。笑

あっ!つって…

ゴトク以外は変色もしないし、手入れもしやすいんですけど…

見栄え重視な我が家では、これは致命的でした。笑

ゴトクの変色が気になる方は、大金払ってでもIHにした方がいいかもですね。

スポンサーリンク

振り返ればカップボード

振り返ればカップボード

カップボードは左側に4段収納できるようになっています。

右側は炊飯器を置くスライド式のトレーになっており、その下がダストボックス収納になっています。

ダストボックスはビン・カン・ペットで分けて使っています。

3~4人家族なら、左の4段だけで通常使いの収納は十分に足りると思います。

カップボード上段

上段にも収納があり、ここには頻繁には使わない調理器具や、タッパー、水筒、お弁当箱、ベビー用具などを収納しています。

収納がたくさんあるって、とってもありがたいですね!笑

パントリーもささやかに設置

パントリーもささやかに設置

カップボードの向かって右手にパントリーを作り付けました。

ちょっと散らかっていますが、収納力は抜群です。

パントリーの下には高さ90cm超えの空洞があり、このスペースにゴミ箱を設置しています。

もう一つの納戸収納

もう一つの納戸収納

パントリーの更に右手には、またまた収納を設けています。

開くとこんな感じ。

納戸収納の中

こちらは、本来納戸として活用する目的で設置しました。

写真には写っていませんが、手前側に5月人形や兜などが収納されています。

広さは1畳程度ですが、大和ハウスは天井高が2m72cmあるので、高さを使ってたっぷりと収納できるので重宝しています。

収納力に余裕があるので、半分はパントリーとして活用しちゃっています。笑

カウンターにはペンダントライト

ペンダントライト

カウンターにはダウンライトではなくペンダントライトを設置しました。

以前の記事で紹介したお酒ニッチと連動している照明なので、ちょっとしたバー感覚でカウンターを楽しむことができます。

ちょっと小洒落たイスでも並べてみたいところですね。笑

スポンサーリンク

終わりに

いかがでしたでしょうか?

キッチンはどうしてもお客さんの目が届いてしまう場所になりがちなので、なるべくキレイを保っていたいですよね。

大理石キッチンを導入するつもりなら、トクラスがめっちゃおすすめです。

ステンレスなら個人的にはクリナップかな!

この記事が、これからマイホーム計画を進める方々の参考になったなら幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です