未分類

【web内覧会】我が家のリビングダイニングをご紹介!【大和ハウス】

【web内覧会】我が家のリビングダイニングをご紹介【大和ハウス】

こんにちは、教官です。

新築マイホームに入居後、1ヶ月が経った我が家の状況や間取りをご紹介していきます。

前回は玄関についてご紹介しました!

まだ読んでいない方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

この記事では、我が家のリビングダイニングについてご紹介していこうと思います。

まだ入居後1ヶ月そこそこなので、揃えていない家具などもありますが、参考にして頂けたらと思います!

ぜひ、最後までお付き合いください^^

目次

スポンサーリンク

理想の大空間リビングダイニング

理想の大空間リビングダイニング

広いリビングで、のびのび生活したい!

こんな理想を抱いている方はけっこう多いんじゃないでしょうか?

私もその一人です!笑

狭いよりかは、広い方が良いって思うのはごく普通のことですよね!

でも、限られた予算の中で広いリビングを作るのはなかなか難しい…

延床面積を広くしたらその分お金も多くかかってきちゃいますしね。

限られた予算、限られた敷地面積の中で理想の大空間リビングダイニングを叶えるために、私たちはある大胆な決断を致しました。

その決断とは…

お風呂を2階に!!

洗面所やお風呂を2階に上げちゃったんです、我が家。

知り合いに話すと、結構ビックリされます。笑

不便そうって思われがちですけど結構快適ですよ、2階お風呂!

2階お風呂の快適さについては、また別の記事でご紹介していきます。

ということで、我が家の1階にはお風呂や洗面所がありません!

その分の面積を全てリビングやダイニングに全振りしていますので、理想としていた大空間を演出することに成功しました!

ロースタイルリビング

ロースタイルリビング

私が大和ハウスで家を建てることとなった決め手が、このロースタイルリビング。

他にも積水ハウスやパナソニックホームズなどの鉄骨住宅メーカーとも打ち合わせをしましたが、断熱効果を損なわないロースタイルリビングを実現してくれたのは大和ハウスだけでした!

このロースタイルリビングが、カッコ良すぎる…。

しかも、大和ハウスの特徴である2m72cmの天井高に加え、ロースタイルで36㎝ダウンするので、合計3m08cmの解放感は来た人みんなに驚かれます!笑

「めっちゃ広いね!」

って言われるたびに快感を覚えますね。笑

36㎝の段差は、腰を掛けるにはちょうどいい高さ!

どこでも気軽に腰を掛けられるので、大人数の来客があっても大丈夫!

ロースタイルってつまづいたりして危なそうって思われたりするんですけど、実際つまづくのってちょっとの段差だったりすることがほとんどですよね。

36㎝も段差があると、つまづいたりする心配もないので快適です!

画像を見ていただくと分かると思いますが、リビングソファーもテーブルも今のところ置いていないんですよね。

ただ、我が家では敢えてこのままでいようかなと思っています。

最初はソファーとか置く気満々だったんですけど、なにもない方が広々と自由にロースタイルリビングを活用することができるので!

子どもがおもちゃを広げて遊べたり、私たちがテレビを見ながらフィットネスをしたりと結構便利です!笑

カッコ良さと利便性を兼ね備えているロースタイルリビング。

ぜひ、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

タイルフロアでオシャレ感アップ!

タイルフロアでオシャレ感アップ!

我が家は1階のフロア全てがタイルになっています。

一般的にフローリングがまだ主流かなーと思います。

私の知人たちの家にお邪魔しても、やっぱりみんなフローリングですからね。

私はひねくれている性格なので、人と被るのがあまり好きじゃないんですよね。笑

それにタイルフロアって、カッコいいじゃん!!

結局これなんです。

自分がカッコいいとかステキとか感じたものをそのまま取り入れたいんです。笑

ということで、色々デメリットもあるであろうタイルフロアを採用しました!

今のところ大きなデメリットは感じていません!

それ以上に、毎日が目の保養で幸せを噛みしめて生活を送れています^^

タイルフロアは足元が冷たいとか寒そうとか思われますよね。

11月下旬では全然そんなことないですね。

これからが冬本番なので、今後どうなるかは分かりませんが。笑

でも、大和ハウスの断熱性能はかなり高いのでエアコン使っていればタイルフロアだけ冷たいなんてことは無いと思うんですけどね!

この点に関しては、今後追記していこうと思います!

縦型ブラインドカーテンと電動シャッター

縦型ブラインドカーテンと電動シャッター

タイルフロアに合わせるなら縦型ブラインドカーテン1択かな!って当初から考えていました。

見た目にもスタイリッシュで相性は抜群ですよね!

今までこういったタイプのカーテンを使ったことが無かったので、1ヶ月経った今でもまだあまり慣れてはいません。笑

窓を開けて外の風が入り込んでくると、壊れちゃうんじゃないかなー!?って思うような動きをするんでぶっちゃけ使いづらい。笑

こういったタイプのカーテンは、風通しするときには畳んでおくべきものなのでしょうか?笑

我が家のシャッターはリビングとダイニングに計2カ所設置しており、いずれも電動です!

シャッターは絶対電動!!

これは私の憧れでした。笑

でも、電動にして大正解!!

シャッターを導入するなら絶対電動1択ですよ!

なぜならカッコいいから!!笑

というのは半分冗談で、電動シャッターがめっちゃ便利なんです。

手動のシャッターだと、

  • 手が汚れる!
  • 冬は窓開けると激寒!
  • そもそもめんどい
  • だんだん閉めなくなる
  • 無駄になる

という結果に陥り、台風のときくらいしか閉めないってことになりがち。

これではせっかくのシャッターが宝の持ち腐れ!

モッタイナイ!!

電動シャッターであれば、

  • ボタン一つで上げ下げできる!
  • 窓を閉めたままでOK!
  • カッコいい!
  • スタイリッシュ!
  • 羨ましがられる!

良いこと尽くめです!笑

毎日シャッターを閉めたくなるので、防犯面でも光熱費の面でも結局コスパ良いんですよね!笑

電動シャッターはほんとにおすすめ!

リビングダイニングを快適にする工夫

リビングダイニングは、家族が一番長く一緒にいる空間なのでとにかく快適にしたい!っていう思いがめっちゃ強かったです。

それから我が家には客間がありません。

お客さんが来たときに通す場所がリビングダイニングになるので、ステキなリビングって思われたい!っていう思いも強かったですね。笑

広々開放的っていうのも良いんですけど、それ以上に何かできないものかと、ずっと試行錯誤していました。

そこで、我が家で取り入れたリビングダイニングの見どころは次の4つになります。

  1. エコカラットと壁掛けテレビ
  2. 5.1chサラウンドシステム
  3. 子どもの秘密基地!
  4. お酒ニッチ

エコカラットと壁掛けテレビ

エコカラットと壁掛けテレビ

まず私たちが絶対に取り入れたかったのが、壁掛けテレビ!!

これは譲れない条件でした。笑

テレビボードを置かないので空間を広く活用できますし、ホコリが溜まる心配もありません。

掃除がめっちゃやりやすいんですよね!

そして何よりカッコいい!!←

地震とかでも倒れる心配が無いので、その点もメリットかもしれませんね。

65インチのテレビを取り付けたんですけど、リビングダイニングが広いのでテレビが小さく感じてしまいます…。

迫力のある映像を!って意気込んでいたんですけどね。笑

テレビの背面にはエコカラットを採用しています。

壁紙とは違うので、質感や存在感があり私たちを飽きさせません!

また、エコカラットには調湿効果消臭効果があるので、キッチンからくるニオイを低減してくれたりと、快適な空間にしてくれる優秀な素材です!

玄関に使えば、靴の気になるニオイとかも消してくれるかもしれませんね!笑

デザインも豊富なので、ぜひ取り入れてみてください!

レコーダー収納スペース

テレビ下にはブルーレイレコーダーとオーディオシステムの収納を作りました。

フタを閉めると電源が入っているかどうかわからないので、フタは半透明のアクリル素材のものを選べば良かったかなと思いました。笑

打ち合わせの段階で気付ければ良かった…。笑

左側の四角い箱みたいなのは、ウーハーです。

5.1chサラウンドシステム

5.1chサラウンドシステム

迫力のある映像には迫力のあるサウンドを!!

ということで、我が家のリビングには5.1chサラウンドシステムを内蔵して頂きました!

シアタールームを別に作る方もいますが、我が家はリビングダイニングがシアタールームと化しています!笑

大和ハウスの防音性能なら、爆音で映画鑑賞しても外に全く音漏れしません。

映画やアニメが趣味の私にとっては、最高に至福の時間を過ごすことが出来ています!

ただ、音は外に漏れないですけど、家の中には響き渡ります。

2階の部屋まで音が届くので、そういった点ではシアタールームを別に設けるのにもメリットはあるでしょうね!

サラウンドシステムを内蔵させたい方は、音量と時間帯に気を付けてくださいね!

子どもの秘密基地!

階段下を収納にするご家庭が多いみたいですが、我が家ではちょっとした子どもの遊び場を作ってみました!

スペースは2畳とちょっと。

これくらい籠もり感のある空間って結構好きな方多いんじゃないでしょうか?笑

子どもも例外ではありません。

この空間を気に入って使ってくれています。笑

子どものおもちゃは全てここに片付けるので、リビングにおもちゃが散らかることはありません。

階段下とはいえ天井高180cmは確保出来ているので、大人でも屈まずに出入りすることができます。

子どもが大きくなったら書斎としての活用もできますね!

お酒ニッチ

お酒ニッチ

お酒がすこぶる大好きな私たち夫婦にはたまらないオプションです!笑

お酒を飾る棚を作っちゃいました。笑

棚をガラス製にしていますので、ダウンライトの照明が3段目のお酒まで照らしてくれる工夫を凝らしています。

今はリーズナブルなお酒ばかりを並べていますが、いつかコレクションを並べられるようになることが今後の目標ですかね!笑

ちなみに3段目は、楽天ふるさと納税で入手した鹿児島限定の焼酎6本セット!笑

こういったちょっとした見どころを作るだけでも、普通の家との差別化が図れていいかもしれないですね!

スポンサーリンク

終わりに

いかがでしたでしょうか?

リビングダイニングは、家族が一番長い時間を過ごすことになるであろう場所となります。

我が家の場合は、お客さんもリビングに通すので、大和ハウスで建てたリビングの出来にはとても満足しています。

これからマイホーム計画を進める方にとって少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

当ブログでは、住宅、節約、家事育児、運転など損しないための情報を発信しています。

ぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です