トラック免許

大型免許を一発試験で合格する方法!【仮免試験課題編】

大型免許を一発試験で合格する方法!【仮免試験課題編】

大型免許をとりたい人

「大型免許が欲しい。」

「教習所に通うのは金額が高いので、一発試験で頑張りたい。」

「経験者から合格するためのアドバイスが欲しいです。」

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いている私は現役の教習所教官であり、大型免許の教習や検定も担当しているので、試験官の立場を理解している人間です。

一発試験は、「運転ができる」だけだとぶっちゃけ合格できません。

試験にはたくさんの課題があり、それらの課題で減点されることなくクリアしていかなければならないからです。

大型免許の仮免試験(試験場内の運転試験)では合格ラインが60点以上

この記事では、場内試験課題の攻略法を分かりやすく解説していきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

試験課題一覧

スポンサーリンク

大型免許の仮免課題の種類

大型免許の試験では、様々な課題が設定されています。

場内試験では、

  • 指示速度
  • S字コース
  • 路端停車
  • 隘路(あいろ)
  • 坂道発進
  • 発着点駐車

通常走行に加え、これらの特別な課題をクリアすることで試験に合格することができます。

課題に関しては失敗したら即失格になるものもあるので、しっかりと課題の内容を確認していきましょう。

指示速度はスピードをキープする課題です

指示速度

指示速度とは、その名の通り出すべき速度を指示される試験課題です。

大体は40km/hを指定されることがほとんどでしょう。

この場合、速度を40km/hキープすることが求められます。

速すぎても遅すぎてもダメなのです。

特に速度オーバーの減点は20点とめっちゃ高いので、メーターをチェックしながら合わせていきましょう。

ちなみに速度が遅かった場合は10点減点です。

メーターガン見もダメですよ。

よそ見の減点10点を取られてしまいます。

スポンサーリンク

S字コースは車両間隔・速度コントロールを試される課題です

S字コースは縁石とポールで形成されており、コース内のポール接触は即失格となるので絶対に触れてはいけません。

縁石に関しては、S字の出入り口で乗り上げるケースが多いので内輪差をよく理解したハンドル操作を心掛けてください。

S字コースを上手に通過する手順は以下になります。

  • S字の入り口は直角に入る
  • S字内はカーブに対して外側のミラーを沿わせる
  • S字の出口までにギリギリまで外側に寄せておく
  • 内側の後輪が縁石から離れない軌道を意識する

S字の入り口は直角に入る

S字入口NG例

大型トラックの内輪差は乗用車に比べて2~3倍大きくなります。

内輪差とは、車が曲がるときに前後輪が通過する位置のズレのこと。

車は、曲がるときに前輪よりも後輪の方が内側を通行してしまうのです。

免許センターで採用されている大型車の場合、内輪差の最大幅は約2.5mくらいと覚えておきましょう。

各都道府県の免許センターごとに採用されている車種が統一されていないので、一概には言えませんが大体2.5mくらいを意識しておくと良いです。

S字入口成功例

S字の入り口は内輪差で後輪を引っ掛けやすいので、直角に侵入するように誘導すると十分に余裕をもって入り口を通過することが出来ます。

S字内はカーブに対して外側のミラーを沿わせる

S字内の通過方法

S字内に進入したら、できるだけ早い段階でカーブに対して外側に車両を寄せておきましょう!

S字内でも内輪差の影響を受けます。

S字に進入してから外側に寄せるのが遅れると、外側も内側もギリギリな状況を作り出してしまいます。

こうなるとS字は通過出来ても、出口が一発で出られなくなることがほとんど。

入口の誘導次第で出口での出やすさは決まります。

S字の出口までにギリギリまで外側に寄せておく

S字の出口までにギリギリまで外側に寄せておく

S字の課題は、入口よりも出口の方が内輪差による影響を大きく受けます!

しかも、出口で曲がり切れない場合の切り返しは減点になるという…。

これは都道府県によって考え方が違う場合があるので参考程度にしておいてください。

なので、出口ではギリギリまで外側に寄せておくことが超重要となります。

出口が右折なら、左側に。

出口が左折なら、右側に。

ぶっちゃけS字の課題の最重要ポイントと言っても過言ではありません。

内側の後輪が縁石から離れない軌道を意識する

内側の後輪が縁石から離れない軌道を意識する

出口を右左折するときは、後輪の軌道をよく意識しておきましょう!

曲がった先の道幅は限られていますので、大回りするほど前輪が詰まりやすくなってしまいます。

つまり、減点をもらってしまうリスクが増えるということです。

S字出口の縁石から後輪が離れていかないようにギリギリを沿わせるように誘導してください!

後輪はドアミラーで確認できます。

ミラーだけガン見するのも減点されやすいので気を付けてくださいね!

S字内で詰まった場合はバック!

S字内であれば、ぶつかりそうなら1回の切り返し(バック)は減点になりません。

ただし、2回目3回目は減点対象となります。

そして4回目の切り返しで失格となるので、切り返しは多くても3回まで

できれば1回以内で通過でいる実力を身に付けましょう。

S字に限ったことではありませんが、コースに設置されている縁石に乗り上げてしまった場合、必ず止まってバックしてください!

そのまま進んでしまうと、失格になります。笑

一定距離進んでから止まったとしても失格になってしまうので、乗り上げてから1m以内に止まれるような速度で通行することを心掛けましょう!

今説明したのはS字内です。

S字の外は1回目から減点になります。

つまり、先ほどS字の出口で1回目から減点を取られるというのは、S字の外側で詰まった場合だからということになります。

  • 切り返し1回は減点無し
  • 2、3回目は減点対象
  • 4回目で失格
  • S字の外側で切り返しは即減点

路端停車は発進時に要注意です

路端停車

路端停車とは、簡単に言うと路駐です。

指定された場所に止まることなく車体を寄せて停車させます。

左の寄せ幅は、路端(縁石やポール)から30cm未満まで寄せてください。

結構ギリギリまで寄せる必要があります。

そして、左の寄せ幅をキープしつつ、指定された目標物をバンパーに合わせて停車の措置をとります。

目標物からバンパーのズレは前後30㎝未満以内

停車の措置とは、ハンドブレーキ→ニュートラル→ブレーキ踏んだまま「終わりました」の申告。

基準に満たないと、切り返しをして合わせなおさなければなりません。

切り返しに関してのルールはS字と同様です。

おさらい↓

  • 止まることなく目標位置まで進むこと
  • 左の寄せ幅は路端から30cm未満
  • 目標物とバンパーのズレは前後30㎝未満
  • 停車の措置を忘れずに

路端停車の課題はこれで終わりではありません。

停車からの発進があります。

発進する際に気を付けなければならいポイントが3つあります。

  • 前方の障害物を避けること
  • 左後方の障害物に接触しないこと
  • 他の試験車両に配慮すること

路端停車から出るとき

前方の障害物を避けるのは簡単です。

ハンドルを回すだけでいいのですから。

しかし大型トラックは、ハンドルを回せば回すほど曲がる方とは逆方向にアオリ部分が振り出してしまう特性があります。

オーバーハングの振り出しなんて言ったりしますね。

試験車両のオーバーハングは、最大で約90cm振り出すと覚えておいてください。

そして、大型車両のハンドルは約3回転します。

つまり、1回転あたり約30cmの振り出しがあると認識しておけば、どの程度ハンドルを切って大丈夫か計算することが出来ます。

左側に30㎝未満で寄せているため、据え切り1回転した段階で30㎝のオーバーハングが振り出して接触してしまう恐れがあります。

発進する前のハンドル回転量は1回転未満で発進するようにしましょう!

そして重要なポイントがもう一つ!

他の試験車両の存在です。

ついついミラーやオーバーハングの接触にばかりに気を取られてしまいがちなのが路端停車という課題の罠。

試験中は、他にも車両が走っています。

他の試験車両の走行を妨害しそうな場合、試験官にブレーキを踏まれて一発失格になるので注意を分散させるように意識してくださいね!

路端停車から発進時の切り返しについて

発進したものの障害物が避けられなかったり、オーバーハングがぶつかりそうになった場合には戻らなければならないですよね。

その際にバックすることができる限界位置を知っておく必要があります。

それがこちらの画像になります。

切り返し限界位置

停車時に合わせた目標物よりも、バンパーが後方に下がった時点で失格となります。

その範囲内で修正して脱出しなければならないので、かなり難易度は高いです。

ぶっちゃけ、試験でこの状態に陥ってしまったら、けっこう詰んでるかもしれないですね。笑

こうならないためにも、停車する時点での誘導が最重要となります。

基準からはみ出ないギリギリで停車できれば、発進がグンとラクになりますよ!

スポンサーリンク

隘路(あいろ)は後輪の誘導をよく意識しましょう

隘路進入方法

隘路とは、指定された枠内に車両の両端とバンパー部分を収める課題となります。

左折で収める場合と右折で収める場合がありますが、いずれも進入していく際の線(画像では赤線)や縁石は踏まないように気を付けてください!

隘路の誘導方法

ハンドルを切り始めるタイミングは、おおよそ手前のラインと前輪が並んだくらいか少し超えたくらいがベスト。

その後は外側の後輪をラインに寄せていくように誘導すると、スムーズに収めることが出来ます。

よくある失敗例として、内側のミラーで内側の後輪をガン見して収めようとするパターンがあります。

大型車の長さを理解していない人に多い失敗例であり、内側を意識しても修正は上手にできません。

それよりも外側を寄せるように誘導したほうが、結果的に内側も枠内に収まっていきます。

左右のミラーでバランスよく確認しつつ、外側の意識を高めに持っておきましょう。

進入から90度向きを変えている間は止まることが禁止されていますので、速度コントロールをしっかり行っていきましょう。

隘路のNG例

よく間違えやすいのが、バンパーの収める位置です。

前方にラインが引いてあるので、そのラインにバンパーを合わせようとしてしまう人が結構多いです。

しかしバンパーを収める位置は、両端のライン先端の内側になるので間違えないようにしてください!

隘路の成功例

隘路の切り返しについて

隘路の切り返し範囲

隘路の切り返し範囲を覚えておきましょう。

前方に引かれているラインが、切り返しの限界位置となります。

そのラインをバンパーが超えた時点で失格となるので注意してください。

特にバック中の限界位置は分かりにくいので要注意!

バック時は、両端のライン末端を最後輪の接地面が超えた時点で失格となってしまいます。

左右を収めることに集中するあまり、後方の限界位置を超えてしまうケースもありますので、こちらもちゃんと注意を分散させておきましょう!

坂道発進はアクセルゼロでOKです

坂道発進は、下がらないように発進することが目的です。

大型トラックの場合、エンジンの力が強いのでアクセルを踏まなくても十分に上っていくことが出来ます。

車両が振動するくらいの半クラッチを作れたらハンドブレーキを降ろすだけ!

手順としては、

  • ハンドブレーキで下がらない措置
  • フットブレーキは離しておく
  • 車両が振動するくらいの半クラッチを作る
  • ハンドブレーキを降ろす

大型の坂道発進はそれほど難しい課題ではないので、落ち着いて手順を確認していきましょう!

坂道発進での主な失格事項

逆行の例

落ち着いてやればさほど難しくない坂道発進ですが、試験はやはり緊張するので予期せぬミスが起こるのも事実です。

主な失格事項としては、逆行が挙げられます。

停止した地点から、前ではなく後ろに進むことを逆行と呼んだりします。

後ろに進む距離が僅か(30cm未満)であれば、減点にもなりません。

しかし、1m以上下がった場合は失格となります。

1m未満までは減点で済みます。

下がった距離は、合計となります。

例えば、

  • 1回目は30cm下がった
  • 2回目は80㎝下がった

この場合、合計で1.1mとなるので失格となるわけです。

また、坂道発進に限ったことではありませんが、同じ場所で4回エンストすると失格になります。

特に坂道発進でエンスト4回が発生しやすいので、慎重に半クラッチを作ってくださいね!

スポンサーリンク

発着点駐車は路端停車と同じです

発着点の駐車方法

駐車する際の基準はは路端停車と全く一緒です。

左側の幅が路端から30cm未満まで寄せておくこと。

指定された目標位置にバンパーを合わせること。

バンパーのズレは、前後30㎝未満とすること。

ただし、発着点駐車は行き過ぎたからバックするということはNGです。

一発勝負だと思ってください!笑

そして試験が終わり、車から降りるので停車の措置ではなく駐車の措置をとるようにしましょう。

駐車の措置とは、

  1. ハンドブレーキ
  2. ニュートラル
  3. エンジンを切る
  4. ギアを「R」or「2」に入れる
  5. 終了申告する

車から降りるところも採点されていますので、後方目視確認してからドアを開けるようにしてください。

最後に:課題成功だけでは合格できません

この記事でご紹介した試験課題の攻略法を忠実に再現したとしても、試験に不合格となるケースがあります。

それは、通常走行で減点されてしまうから。

免許試験は、運転のスキルを見せつける試験ではありません。

あなたが、免許取得後に安全運転をしてくれるかどうかを見定める試験です。

つまり、試験官としては以下のポイントを注意深く観察しているのです。

  • イメージ通りに操作する技術があるか
  • 交通ルールを正しく理解し、実行できているか
  • 安全に対する気配りがしっかりとできているか

かんたんにいうと、「技術」「知識」「確認」の3拍子がそろっている人に合格が与えられるということ。

この記事では、「技術」に特化してお伝えしてきました。

「知識」「確認」については、別の記事で解説していますので、このブログを読み漁っていただければ幸いです。

というわけで以上です。

この記事が、参考になったなら幸いです。

もしわからないことがあれば、コンタクトフォームからメールを頂ければ、返信いたしますので気軽にご連絡ください。

皆様の合格を祈っています。

路上試験の課題内容を解説している記事はこちら↓

スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. のぶ より:

    はじめまして。私は、52歳で現在大型一種免許の教習を受けているものです。来週、第一段階の検定なのですが、どうも、ギヤチェンジが苦手です。2速に入れたつもりが、バックに入ったり、3速に入れたつもりが、5速に入ったりと…
    何か、コツみたいなものはありますか?

    • くま教官 より:

      のぶさん、はじめまして!
      ギアチェンジの操作ミスは「力の入り過ぎ」が原因であることがほとんどです。

      そのためシフトレバーを握らず、「手のひらで操作する」のをおすすめしています。

      たとえば2速3速に入れる場合、手のひらを外側に向けて軽い力で左に押し込みます。
      力が入り過ぎるとバックに入っちゃうので、気を付けてください!

      文章だけで伝わりにくいかもしれませんが、検定合格できることを応援しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です